日本到着時のPCR検査 最新情報

 

アメリカから日本への到着便に対しての傾向
(早朝到着便は除く)※6月17日現在

 

到着からPCR検査、ハイヤー出発までの所要時間 約50分後 ~ 180分以内
※当社でハイヤーを配車したお客様が、到着後にPCR検査を済ませ、約50分後に空港を出発する事が出来ました。
※検査結果は、約3日後に連絡があります。(検疫の質問書に記載したメールアドレス 又は 電話番号)

到着からPCR検査後、レンタカーを借りるまでの所要時間 約60分後 ~120分以内
※検査結果は、約3日後に連絡があります。(検疫の質問書に記載したメールアドレス 又は 電話番号)
成田到着便 IACE Travel で対応できるレンタカー会社は、PCR検査の結果待たずに帰国日当日に配車できます。(6月29日現在)
羽田到着便 IACE Travel で対応できるレンタカー会社は、PCR検査の結果待たずに帰国日当日に配車できます。(6月29日現在)
関西空港到着便 IACE Travel で対応できるレンタカー会社は、PCR検査の結果待たずに帰国日当日に配車できます。(6月29日現在)
※上記の配車時間に間に合わない場合は翌日扱いとなります。
※急遽当日配車ができなくなる可能性もあります。

C-1.政府指定のホテルで待機して結果を待つ方法(政府が用意するPCR検査の結果待ちホテルの宿泊費は無料)
到着からPCR検査後、チェックインするまでの所要時間 約2時間~7時間
*その後、PCR検査結果がでて待機ホテルをチェックアウトできる日数 1~2泊

◆成田到着便は待機ホテルへのチェックインが早い傾向がありますが、成田空港到着便においては検疫からも書面が公開され、政府指定待機ホテルに2泊待機となります。
ホテル手配の際は、書面上、帰国日の翌々日からお手配となりますが、政府指定待機ホテルチェックアウトが午前中の場合が多く、午前中に政府指定ホテルから手配したホテルに移動しても直ぐにチェックインできない場合があります。その為、なるべく帰国日翌日からホテルをお手配する事をお勧めします。帰国日翌日からお手配しておけば、政府指定待機ホテルチェックアウトが午前中でも直ぐにお部屋に入れます。
参考資料:成田空港到着後の検疫手続き
※成田周辺の政府指定の待機ホテルが満室で、チャーター便で中部国際空港まで移動後、中部空港周辺のホテルで検査結果を待ち、3日後に再び成田空港に戻るケースもありました。6月からは、アジアからのフライトも増便することにより、帰国者も増えてくるので、様々なパターンが起こる可能性もあります。

◆羽田到着便は 待機ホテルへのチェックインまで時間を要するケースが多いです。
羽田空港到着便にて、政府指定待機ホテルが満室となり、強制的に空港で待機するケースも出ております。
※空港での待機時間ですが、最低6時間と言われてますが、その時によりまちまちで、翌朝まで空港内で待機した方もおり12時間以上待機した方もでてきております。その為、ホテル手配をする際は特に羽田空港到着便は帰国日から手配する事をお勧めします。帰国日にホテル移動できた場合でも、帰国日翌日早朝にホテルに移動できた場合でも帰国日から手配しておけば、いつもでチェックインできるのでお勧めです。その際にPCR検査の結果の状況に合わせて取消料がかからいホテルをなるべくご利用ください。
C-2.羽田空港到着のみの対応ですが、政府が用意するPCR検査結果待ち待機ホテルには行かず、空港で待機してPCR検査の結果を待つ方法(最近この選択が導入されました)
最低6時間は要し、「いつ結果がでるかは、はっきりしないがこのまま空港で待ちますか?」のような選択ができる。所要時間はその時々です。
*到着日にレンタカー配車する場合、アメリカからの到着便の場合は午後着が多いので結果でてもレンタカー営業所の営業時間内に間に合わない可能性があります。

羽田空港到着便において
※12時間以上待たされ翌朝まで空港内で待機した方もおります。その為、ホテル手配をする際は特に羽田空港到着便は帰国日から手配する事をお勧めします。帰国日にホテル移動できた場合でも、帰国日翌日早朝にホテルに移動できた場合でも帰国日から手配しておけば、いつもでチェックインできるのでお勧めです。その際にPCR検査の結果の状況に合わせて取消料がかからいホテルをなるべくご利用ください。

*到着日にホテルへチェックインする場合の注意点。
政府が運行する巡回バスが運行時間内に結果がでれば、帰国日にホテルへ移動できますが、帰国日に結果でない場合は、空港内所定の場所にて翌朝まで待機の可能性もあります。
その場合、翌朝政府が運行する巡回バスでホテルまで送迎となります。翌朝でもチェックインが午前中となるため、帰国日の宿泊を取消しない事で、午前でもチェックインが可能になります。
※羽田空港からホテルの用意する検疫者向けの無料送迎バスの運行時間が、22:15までなので、その後はホテルに移動できなくなる可能性があります。(場合によっては24時頃まで運行する場合もあります)
※成田到着便も、早朝に成田到着する便においては羽田到着便同様に当日空港待機の選択もあるようです。

 

よくあるQ&A

 

入国日含め(入国日を1日目とカウントする)16日目から利用できます。

できます。当日PCR検査の結果を待ってから移動したい旨を検疫の方へ伝えてください。

空港内店舗は休業/営業時間の制限を実施しておりますが、検査結果を待つ方のために軽食が提供されたとの報告を受けております。ただし、予告なく対応が変わることもございます。また、お子様連れのご渡航の場合には、お子様が食べ慣れていらっしゃる軽食等をご持参されることもお勧めいたします。

無料です。(食事つき)

政府が用意し、無料で送迎してくれます。

2泊まで。

成田空港の場合→成田駅周辺、成田空港周辺ホテル、品川、天王洲アイル、羽田空港、品川駅エリアなら政府が用意する無料送迎あり
羽田空港の場合→大鳥居、穴守稲荷、蒲田駅、大森駅、品川駅、川崎駅周辺エリアなら政府が用意する無料送迎あり
上記以外のエリアの場合はハイヤーやレンタカーを手配してください。

できます。ただし待機ホテルにより配車して良い時間が決まってます。当日ホテルに待機している検査官から報告があります。

可能です。ただし、自主隔離する期間中は公共交通機関は利用できません。

ルール上はウィークリーマンションは不可。マンスリーマンションは自宅扱いとして可能になっております。マンスリーマンションの場合の検疫の際に記入する自主待機場所の記入欄は「自宅」と記入をしてください。
※ウィークリーマンションは原則不可ですが、検査官やコールセンターの出た方の回答次第ではOKになっているケースもあるようですが成田の検疫、羽田の検疫の電話回答でいづれもウィークリーマンションは不可。マンスリーマンションはOKの旨の回答をいただいており、検疫の際の自主待機場所記入欄は「自宅」とだけ記入すればスムーズに入国できるとのアドバイスももらってます。

可能です。どんなに遠い場所で移動に2日間かかったとしても公共交通機関さえ使わなければ、問題ありません。

不可です。入国日含め16日後からではないと公共交通機関は利用してはだめです。レンタカー営業から自宅まで徒歩又は自宅の方の送迎又は、一度自宅にレンタカーで帰り荷物を置きご家族の別の方が返車をする方法となります。別の方が返車する場合は、レンタカー予約する際に返車する予定の方の免許書コピーもメールください。

6月9日現在、羽田空港はPCR検査の結果を待たないと配車不可。成田空港はPCR検査の結果を待たずに配車が可能です。7月以降は未定。

できません。 入国日含め16日後からではないと日本国内線は搭乗できません。
例:入国日6月10日の場合→6月25日から国内線が利用できます。

原則不可です。必要最小限、不要不急の外出は自粛となります。 もちろん、昼食や夕飯食べに行ったりする事は可能ですが、なるべくご遠慮いただいております。ただ、守らなかった場合の罰則はありません。

可能です。ただし、陰性と結果が判明したのちの日本出国となります。この間は公共交通機関は利用できません。

短期間の滞在(90日間)に付下記の条件で可能になります。
アメリカ国籍の方は引き続き入国制限の対象者となるため入国には特別な書類が必要です。
領事館にて、除籍謄本、死亡診断書などでお客様が日本人の配偶者・または、日本人の子を証明できる書類をご準備すれば問題ありません。もし、長期となると別途手続きが必要となりますのでご注意ください。
法務省のWEBサイトも合わせてご確認ください。

 

最新渡航情報

IACE TRAVEL 24時間365日
1-877-489-4223
travel@iace-usa.com