ノルウェージャンクルーズの健康および安全上の対策

Norwegian Cruise

 

 

 

ノルウェージャンクルーズラインではCDC(米国疾病予防管理センター)と密接に連携しつつ、当社が全客船にて実践している安全対策は以下の通りです。

 

①空気ろ過設備の刷新

医療分野で採用されるグレードのエアフィルター、H13 HEPAを取り付けます。このフィルターは客船全体で空気中の病原体の99.95%を除去するため、船内の空気はクリーンで安心です。

  • 従来のフィルターを医療分野で利用されるグレードのH13 HEPAフィルターに交換
    H13 HEPAは最高グレードのHEPAフィルターで、0.1ミクロン以上の全微粒子のうち99.95%を除去します。 これと比較した場合、新型コロナウイルス(COVID-19)は0.125ミクロン(サイズの違い25%)、血液細胞は1つ10ミクロン(同10,000%)、人間の髪の毛1本75ミクロン(同{75,000%)となります。

 

②スクリーニング手順の強化

すべてのお客様には、強化された健康検査を乗船前に受けていただきます。リスクがあると判断された方は、さらに追加の検査を受けることになります。 さらに、すべての乗組員に対して乗船前に詳細な検査を行い、航海中は常に体調を管理していきます。

お客様と乗組員に対して非接触型体温計による体温チェックを行い、航海中の体調を管理することにより、保全をさらに強化することができます。

  • 体温チェック
    非接触型体温計による、体温チェック実施のタイミングは次の通りです:
    • 乗船前
    • 寄航港から船内に戻る際
    • レストランなどの飲食店における食事の前
    • 公共施設でのアクティビティの前
    • 下船前
  • 乗組員の検査
    乗組員が健康であることが、お客様の健康を守ることにつながります。 乗組員に対して常時実施する健康検査には、1日複数回にわたる体温チェックや衛生に関する厳正な手順が含まれます。

    ノルウェージャンクルーズラインでは乗組員の健康と安全を確実に守るべく、幅広い感染症を検査することが可能な従来の雇用前健康診断をさらに強化してまいります。 また、乗組員が雇用契約期間を通じていつでも最新かつ最先端のCOVID-19検査を受けられる船内検査体制を模索しています。

 

衛生対策の強化

全客船とも出航前に必ず、CDCの船舶衛生プログラムと連携して、徹底的に清掃、消毒を行います。 下船ターミナルは継続的に殺菌を行い、可能な場合は乗船、下船の前後に噴霧処理を行います。 さらにすべての客室、スイート、共用エリアの清掃、殺菌、消毒はその頻度を増やし、静電スプレー技術を利用します。 殺菌作業の強化には以下が含まれます:

  • 客室および共用エリアにおけるHOCl噴霧
    殺菌効果のある次亜塩素酸(HOCI)を客室および共用エリアに噴霧します。 次亜塩素酸は毒性のない強力な酸化剤で、細菌や胞子、ウイルスを効果的に死滅させます。 水や塩といった天然由来の素材と電荷でできているため安全であり、あらゆる場所で利用することができます。
  • 清掃頻度の向上
    ノルウェージャンクルーズラインの毎日24時間体制の予防スケジュールは、共用エリアと人のよく通る接触地点で継続的に殺菌を行うことが特徴です。 ピーク中、オフピーク中ともに、すべてのエレベーターと共用エリアで継続的に清掃を行います。
  • フルサービスビュッフェ
    ビュッフェおよび飲料ステーションにはスタッフが常駐し、フルサービスとなります。
  • 個人の衛生
    すべてのお客様におかれましては、お食事とお飲み物を提供する施設への入場時も含め、頻繁な手洗いをお願いいたします。アルコール消毒剤を客船内に多数配備し、ご利用しやすくなっています。

 

ソーシャルディスタンシングを実践

ソーシャルディスタンシングを実践してさらにスペースを開けるため、乗客数を減らします。 適切なソーシャルディスタンシングを図るため、乗船の時間帯をずらし、オンラインチェックインを導入いたします。 さらに、航海中はすべての共用エリアにおいて定員数を減らすよう尽力いたします。

  • オンラインチェックインおよび時差乗船
    ノルウェージャンクルーズラインでは引き続き港湾および政府当局と連携し、時差乗船や最新のチェックイン手続きをはじめ、CDCならびに世界の健康機関からのガイダンスに則した適切なソーシャルディスタンシングが実践できる乗船プロセスの導入に取り組みます。
  • 船内におけるソーシャルディスタンシング
    すべての船内アクティビティは引き続きご利用いただけますが、定員数を減らしての営業となります。安全なソーシャルディスタンシングを確実に実践するため、内容が若干変更となる場合もあります。 当社では必要な予防措置を講じ、また公衆衛生のガイドラインに準拠して、当社にとって常に最優先事項であるお客様の健康と安全を守ります。

 

医療リソースの充実

船内のメディカルセンターには、最新の検査キットと医療用品を十分に用意いたします。 また、全客船において医療チームをより充実させる予定です。 さらに万一の事態に備え、各客船に専用の隔離施設を用意しています。

  • 検査キットと医療用品には以下が含まれます:
    • その場で迅速に結果が分かる、最先端の新型コロナウイルス(COVID-19)用診断検査
    • 医療用酸素装置の在庫拡充
    • ワクチンの在庫拡充
    • 新型コロナウイルス(COVID-19)治療用医薬品の在庫拡充
  • 健康・安全に関する研修の強化および乗組員に対する継続的な教育
  • さらに今後、公衆衛生担当者を配置いたします。公衆衛生担当者は客船に常駐し、すべての公衆衛生および感染拡大防止に関わる取り組みを責任を持って監督します。 さらに、常にCDCの船舶衛生プログラムに則して、すべての共用エリアおよび宿泊施設の衛生を毎日確認します。

 

船から陸上まで安全をサポート

  • 当社の業界をリードする健康および衛生手順で寄港地での体験もサポートできるよう、各目的地およびツアー催行会社と協力してまいります。
  • 当社では安全かつ開港している港のみに立ち寄りますので、お客様の航程に変更が生じる可能性があります。 お客様の航程に影響がある確定済みの変更について、常に最新状況をご提供するのも最優先事項の一つです。

 

健康と安全に関するよくあるご質問

【最終更新日:2020年6月1日】

 

乗客の皆様および乗組員にさらなる安心感を提供するため、ノルウェージャンクルーズラインは、CDC(米国疾病対策センター)、WHO(世界保健機関)、そして公衆衛生および医療政策を先導する専門家であり、米食品医薬品局元長官のスコット・ゴットリーブ氏など、各地および国際的な保健機関との情報交換を続けています。 現在の厳しい安全手順をさらに強化するため、客船全体でさらに効果的な対策を講じます。乗船時のスクリーニングを強化するとともに、船内でのソーシャルディスタンスおよび公衆衛生管理を徹底します。 計画をまとめてクルーズを再開する際に、さらに詳しい情報をお知らせします。

ノルウェージャンクルーズラインは港湾および政府当局とともに、CDCやWHO、各地の要件に則した手順を協議しています。また、乗船の際に十分なソーシャルディスタンスを確保するため、時間をずらした乗船や事前チェックインなどを検討しています。

ノルウェージャンクルーズラインは、それぞれの事例を慎重に判断します。 CDCや各地の機関と情報交換しており、その手順のガイドラインに従って持病のある乗客のスクリーニングを行います。そして、乗船拒否をはじめ必要な予防措置を講じます。

CDCやWHO、また各地、州、国の政府および公衆衛生機関と協力し、現在の厳しい健康および安全手順をさらに強化しました。強化された安全基準には以下が含まれます。

・乗客の皆様および乗組員に対して乗船時のほか、航海中および下船時に体温チェックを実施
・クルーズ参加のための健康状態の最低条件を規定
・通路の殺菌消毒の回数を増やす
・時間差乗船や事前チェックインを導入

ノルウェージャンクルーズラインは、推奨される予防措置を確実に導入するため、各地や国際的な健康機関との情報交換を続けています。現在の厳しい衛生基準をさらに強化し、以下のような清掃と消毒の手順を導入しました。

・共用エリア、スイート、客室、バスルームの清掃・消毒の回数を増やす。航海中は常に静電スプレー技術を使用します。 共用エリアは、廊下やエレベーター、レストラン、劇場、キッズクラブ施設を含みます。
・共用エリアのすべての出入口に手指の消毒ステーションを設置
・すべてのレストラン、お食事や飲み物のステーション(コーヒーやドリンクのステーション等)での乗客によるセルフサービスの停止

全客船に設置予定の医療グレード空気フィルターH13 HEPAは、空気中の病原体を99.95%除去します。