今年のご旅行、諦めてませんか?今年のご旅行、諦めてませんか?
 
今年のご旅行、諦めてませんか?今年のご旅行、諦めてませんか?
 

でも、今の時期にカンクンに旅行できるの? そんな疑問にIACEがお答えいたします!
『8月に実際に行かれたお客様の声もご紹介!』

 
✅ 実は知らない!? Q&A カンクン編

A. メキシコ国内でも州によりルールが異なりますが、カンクンは飛行機で行くことが可能なエリアです。基本的にはメキシコ自体が、制限なしに、現在も世界から旅行者を受け入れていれている、数少ない国の一つとなっております。実際には観光が6/8に再開された関係上、アメリカからの旅行者は増加しており、8月の第3週は、カンクン空港利用者数が3月以来一番多い週になりました。

A. 通常時と同様、パスポート及びツーリストカードの記入が必要です。なお、ツーリストカードはオンラインで事前に記入が可能になっております。

A. 検温=サーモグラフカメラで検知されて、記録されております。こちらは抜き打ちのような検査であり、もし熱がある場合は入国拒否や隔離になる可能性もあります。送迎は衛生基準を満たしているという認証を受けた送迎会社の事前予約が必要になります(もちろんIACEで手配可能)。その他は空港と同じようしっかりと衛生管理がされております。

A. ホテルは最大30%の客室率で営業。「同じフロアは私達だけだった!」などといったレビューがあることも。メインロビーには、いたるところにハンドサニタイザーが設置されており、係員はマスクや手袋、さらにフェイスシールドを着用し接客にあたっております。ホテルはもちろん、テーマパーク、旅行業者や送迎会社なども、政府の出す認証を受けた証明書がないと営業はできません。

A. レストランも、最大30%の客席率で、基本ソーシャルディスタンスを保ったデーブルの配置。一部営業時間の短縮をしているレストランもありますが、ディナータイムは全てのレストランが開いていて特に不便はない。レストランはもちろん、テーマパーク、旅行業者や送迎会社なども、政府の出す認証を受けた証明書がないと営業はできません。

A. ホテルゾーンでは警察が取り締まっており、パブリックビーチや他の公共エリアなどもソーシャルディスタンスを保つようにされており、また、どこの施設も新衛生基準を設定し、安全対策を万全にできるよう、コロナ対策に取り組んでおります。

A. 入国審査後から出口までレンタカーやタクシーなどのカウンターが並んでおり、呼び込みが多く日本人の方は不審に感じてしまうかと思いますので、事前に送迎やレンタカーを予約していくと安心です。もちろん、IACEでも送迎の手配が可能になっておりますので、ご希望のお客様はご連絡お待ちしております。
また、カンクンはUberがありませんので、ご注意くださいませ。送迎会社の数も多く見つけづらいので、ミートミスを防ぐためにも送迎会社の緊急連絡先はしっかり控えるようにお願いします。
なお、街中のお店ではお釣りに偽造紙幣だったり、コロンビアペソを混ぜてくる場合もあるのでこちらもお気をつけ下さい。

A. CDCから、旅行後14日間の自主待機が解除されたため、米国帰国後は14日間の自主隔離は必要ありません。今後は州ごとの規定に沿うようにお願いいたします。

出典元:National Center for Immunization and Respiratory Diseases (NCIRD), Division of Viral Diseases
今年のご旅行、諦めてませんか?

 

✅ カンクン旅行・必需品
今年のご旅行、諦めてませんか?

 

✅ 実際にカンクンへ旅行されたお客様の声

今回は3泊4日でカンクンに滞在。入国審査は特別な事はなく、滞在期間と目的を聞かれ、Vacationと答えたましたが問題ありませんでした。

カンクン滞在中は3密になる状況はほぼなく、米国から短時間のフライトで行け、年配の夫婦でも子供連れでも女性だけでも安心して楽しめるのですごくお勧めです。

ある程度のレベルのホテルを選び、ホテル内で滞在している分には治安的にも心配は少ないと思います。 コロナの対応状況もホテルによって異なると思いますので、いつもより少しホテルランクを上げると良いかな感じます。All inclusiveだと毎回レストラン探しに悩む事もなく、飲み物も食べ物も欲しい時にすぐ手に入るのでとても楽でした。

ただ今の時期、海やプールの中に入っている分には良いですが、日没まで本当に暑いので覚悟を!午前中の便で到着される場合は、チェックイン時間まで部屋に入れない可能性がありますので、水着を着用して行くなど、そのままビーチやプールに行ける様に準備していくとチェックインまでの時間も楽しめます。

出国時は、荷物検査を通る前に、携帯で問診票の登録が必要です。(カウンターに手書き用の紙もありました) 登録が完了するとQRコードが表示されますので、パスポート、搭乗券と共に検査を通る際に提示を求められます。 空港内の免税店、レストラン、ファーストフード、お土産屋さん、VIPラウンジも開いていました。

・襟付きシャツ・長ズボン・ワンピースなど最低1着
ビーチリゾートとは言え、ディナーなどで行くレストランはDRESSY CASUALを求める所もあります。

・現金
チップを払うのでAll inclusiveでも意外に現金が必要になります。USドルからMXペソへはホテルフロントでも対応してくれます。USドルからUSドルで小さい額へ両替したい場合は、バーテンダーやレストランで聞くと対応してくれました。チップはUSドルでもMXペソでも良いと聞いたので、結局最後までMXペソへの両替はしませんでした。

・防水の小物入れ
ビーチやプールに行く際に携帯や現金を入れられるものがあると便利です。

 

今年のご旅行、諦めてませんか?

 

 
877-489-4223emailform