Point.01
DXとコロナのダブルパンチ

Japan Graphicsはロサンゼルスを拠点に40年以上、デザイン・印刷を行ってきました。印刷と聞いてご想像の通り、逆境に立っている業種です。 DX=デジタルトランスフォーメーションと取り沙汰される中、そういった流れからご注文が減っている商材も多くあります。 そして、世界的なパンデミックとなったコロナウイルス。弊社のサービスは広告目的という側面も多く持ち合わせているので、コロナ禍で真っ先に削られてしまう経費の一つです。 飲食店のお客様も多いため、残念ながら閉店してしまったり売りに出されたりというビジネスの厳しさを目の当たりにしたこの2年でした。そんな中私たちは、テキサスへ新しい拠点を出すことを決めたのです。

Point.02
生まれ変わるジャパグラ 注目の地・テキサス州プレイノへ

テキサスにオフィスを出そうと決めたのは、全米のお客様にサービスを提供できる、地理的メリットと、新しいジャパグラを作りたいと考えたからです。名刺の印刷からパッケージデザイン、プロモーションアイテムに至るまで、私たちのサービスは、デザインをしてから届ける工程があり、オフィスでの検品後、広いアメリカを横断する時間とコストのデメリットを克服し、テキサスオフィスがハブとなって、全米のお客様にスムーズにサービスをお届けできるようになりました。そして、今までロサンゼルスで培ってきたオフラインのサービスとオンラインを掛け合わせた、新しいチャレンジのためにもこのテキサスオフィスは一躍買っています。

ウェブ業界を生きてきたテキサスオフィス社員のデスクにはこだわりスペックのPCの他に、モニターとタブレットが置かれています。そしてその隣にはひっきりなしに電話をかける営業の彼が、机いっぱいにポストイットを貼っています。これが私たちのテキサスオフィス。こんな二人が考える新しい取り組みは、ズバリ展示会サポート。

Point.03
展示会の最大の効果を引き出す3つのサービス

ジャパグラがご提案する展示会サポートは大きく3つです。

  1. プロモーションアイテム制作

    展示会といえばノベルティ、といっても過言ではない定番のサービスです。ペンやステッカーはもちろん、うちわや扇子、風呂敷といった日本的な商品もございます。

  2. ブース装飾

    展示会のブース装飾では、カスタムブースのデザインから前日の設置・解体までを一貫してお任せいただけるカスタムプランや、スピーディかつお気軽にご利用いただけるディスプレイセットなど、スケジュールや小間の大きさ、目的に合わせてご提案可能です。足を止めてもらい、決定権者に注目してもらうブース作りをお手伝いします。

  3. マーケティングオートメーションを使ったアポ獲得システム

    会期中に効率よく商談するためには、会期前から集客し、アポを取ることが重要です。本サービスでは、マーケティングオートメーションというツールを使って、アポイントメントフォームがついた展示会用のランディングページ作成し、リードナーチャリングから、会期後の取りこぼしを拾う追いかけ、最終的なレポーティングまでお任せいただけます。どのくらいのお客様がどういうアクションをしたのか、といった振り返りを元に、次回の施策に役立てたり、出展する展示会の選定にもお役立ていただけます。

 

日々、インターネットによってどんどん便利になり、コロナで人と会うことも少なくなりましたが、ビジネスの原点はやはり挨拶をすることからだと思っています。だからこそ、展示会というビジネスが始まる場所で、新しい出会いをより実りのあるものにするお手伝いができたら幸せだと思います。テキサス支店では、アメリカプロモマガジン「motto TEXAS」を更新中です。ぜひ一度、覗いてみてください。

 

 

「私の業界のいま」トップページへ