Royal01

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルは1969年に設立された、世界最大規模の客船会社です。
本社は米国マイアミにあり、2017年10月現在25隻の客船を保有しています。

現在世界最大の客船3隻は総トン数225,282トン。斬新なアイデアで驚くべく施設の数々をご提供しています。野外円形劇場、本物の草木を植えた公園、船上サーフィンやロッククライミング、ミュージカルやアイススケートショー、パレードなどなど…。それは「動く街並み」と言っても過言ではありません。
その他、16万トンクラス客船が3隻、13万トンクラス客船が5隻など、歴代の世界最大客船を有し、カリブ、アラスカ、ヨーロッパ、などに就航しています。
大型船の特徴を生かし、クルーズ船内は子供向けのエリアと大人向けの静かなエリアとに分かれていますので幅広い世代にご満足いただけます。多彩で豪華な施設、イベント、大掛かりなショーをお楽しみいただけます。ロイヤルカリビアンクルーズは人気のカリブ海を定期運行し、船、寄港地ともに魅力あるクルーズコースを提供しています。

 

船内施設は世界最大という船のタイトルにふさわしく、内容も盛りだくさん。
ブロードウェイ スタイルのショーやライブ ミュージックやコメディーショー。お子様プログラムは年齢ごとに6つのグループに分かれているので安心して預けられます。さらにスパ施設が充実していて、サウナやフィットネスセンターもございますので、毎日飽きることなく船内でのアクティビティを楽しむことができます。

【ダイニング】

毎晩の豪華なフルコース以外にも、様々なレストランをご用意しております。 豪華な雰囲気と美味しい料理の両方をお楽しみいただけるメインダイニングはクルーズ料金に含まれており、気軽なバフェレストランでのお食事は無料です。長時間オープンしていますので、いつでもお好きなときにお好きなだけお召し上がりいただけます。その他、イタリアンやステーキハウスなどでお食事をする場合、カバーチャージのみでお好きなものをお召し上がることが出来ます。さらにアジアンフードが楽しめるお船もございます。アメリカンなお食事が飽きたら、気分を変えてご飯や味噌汁、中華料理を召し上がれます。

 

【エンターテイメント】
船内では毎晩豪華なショーがお楽しみいただけます。ブロードウェイスタイルや歌が中心となっておりますので言葉がわからなくても充分に楽しむことが出来ます。船内イベント情報は客室に毎日届く船内新聞をご覧になり、お好みでご参加いただけます。また22万トンのオアシス号クラスでは、ブロードウェイで人気のミュージカルや、サーカス団員による水のアクロバットショーなども行われます。14万トン以上クラスのアイススケートリンクがある船では、アイススケートショーもお楽しみいただけます。

 

【最新ニュース】

2018年4月就航となる新造船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」の予約受付が開始となりました。 シンフォニー・オブ・ザ・シーズは現在世界最大である姉妹船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」を上回る驚愕の23万トン。デビュー後は世界最大の客船となります。

誰もが驚嘆する巨大な船内には、姉妹船オアシスクラスのコンセプトでもある「洋上に浮かぶ7つの街」を踏襲し、ロボットバーテンダーが軽快にシェイカーを振る「バイオニックバー」、本格的ブロードウェイショーなどの各種エンターテイメント、圧巻のダイビングショーを行う屋外円形劇場「アクアシアター」、3本のウォータースライダー「パーフェクトストーム」、洋上で最も高さのあるスライダー「アルティメットアビス」など人気のアトラクションをお楽しみ頂けます。

シンフォニー・オブ・ザ・シーズは2018年4月の就航後、夏季にはスペインのバルセロナやパルマ・デ・マヨルカ、フランスのプロバンス、イタリアのフィレンツェ/ピサ、ローマやナポリなど人気の寄港地を巡る地中海クルーズを実施します。

11月以降は舞台をカリブ海へ移し、マイアミ港で建造中の新客船ターミナルを拠点としたカリブ海クルーズを定期運航いたします。

 


【ファミリープログラム】
オアシスクラスの船内には通常の子供プログラムに加え6ヶ月以上3歳未満のお子様に対しデイケア、イブニングケアオプションが追加されました。一日中スタッフが目を離さずに見ていてくれるので安心して預けられます。子供プログラムは6ヶ月から17ヶ月のベビーグループと18ヶ月から36ヶ月の幼児グループに分けられていて年齢によって適切なアクティビティーやゲーム、お話タイムなど盛りだくさんの内容となっております。事前予約が必ず必要です。お子様一人1時間$6ドルでさまざまなプログラムをお楽しみいただけます。


[ ダイニングオプション ]
もしお子さんが大人と一 緒に食事をしている時間じっとテーブルに座っていられないときには、このサービスが最適。 通常あれば、1時間半ぐらいでフルコースディナーのデザートまでを終えるが、このサービスは45分でディナーを一通り終えることが出来ます。 ドリンク、前菜、そしてメイン料理になるまで、テーブルで子供をあやしながら気をもんで食事をする必要がない。 スピーディに食事を終え、子供が食事をし終わる頃合には、子供プログラムの係りのスタッフがテー ブルまで迎えに来てくれ、子供を夕食後のアクティビティに連れて行ってくれます。 そこで、子供がいなくなった後のデザートとコーヒーはゆっくり大人だけで楽しめるというサービスです。 2009年7月よりサービス開始。

[ ランチ & プレイ ]
アドベンチャーオーシャン ユースプログラムは、お昼時には一度閉まっていましたが、このランチ&プレイプログラムは、お昼から午後2時の間子供を預かったままラン チを提供してくれます。 ただ 、一人の子供に7ドル95セントかかります。(3歳~11歳)

[ 赤ちゃんの為のアクティビティとアメニティ ]
2009年3月23日よりサービスが開始されたBaby 2 Goのプログラムに追加で、Storoll & Roll プログラムが紹介されました。 Baby 2 Go プログラムは、オンラインで事前に予約をしておけば、船内でオーガニックのベビーフードと、ハギーブランドのオ ムツ、おしり拭き、 クリームが、船室に届けられるサービス。 赤ちゃんと一緒の旅行で一番荷物になるオムツが提供されるのは大変ありがたいサービスです。 Stroll & Rollプログラムは、日中の決められた時間であれば、ジョギング用の乳母車を使って船上デッキのジョギングコースを利用してもよいサービス。 赤ちゃんと一緒にエ クササイズが日課になっているお母さん達にはうれしいサービスですね。(乳母車は持参) それに加え、赤ちゃんとクルーズに参加している家族にとって、船内生活がよりよい経験になるよ うに、フィッシャープライスの年齢発達に合わせたおもちゃの貸し出しや、赤ちゃんと一緒のアクティビティとして、クレヨラからクレヨラビギナーズの塗り絵や、お絵かきなどを用意 しています。
 

 [ 本の読み聞かせタイム ]
夜、船内の図書館でスタッフが子供たちの大好きな本の中から、読み聞かせをしてくれます。 子供たちはパジャマで参加ができ、ミルクとクッキーがでます。

[ Pets at Sea ]
今まで通り、自宅のペットを 一緒にクルーズに連れてくることは出来ないが、船上で子供たちが自分の好きなぬいぐるみのペットを作ることができ、それをお土産として持ち帰れます。 ぬいぐるみのチョイスは豊富で、値段は$19、95. ぬいぐ るみにアクセサリーや、服を着せることもできます。 その場合値段は$29.95.  2009年5月より開始。

[ ゲーム ]
おもちゃ会社マッテルとパートナーを組み 、家族全員で楽しめる卓上ゲームを提供しています。 カードゲーム室では、スタッフがレフリーとなって家族対抗ゲーム大会なども開催。 またスイートルームの乗客へは、ゲームの貸し出しもしています。

プログラム名

年齢(才)

内容

アクアベイビー&アクアトッズ
TODDLERS

6ヶ月~18ヶ月/18ヶ月~3歳

毎日違うテーマに沿って、親と赤ちゃん一緒に参加するプログラムです。音楽、おもちゃ 、学習おもちゃを使って遊びます。 Fisher – Price の幼児教育スタッフと、クルーズ会社で幼児教育の船内プログラムです。

アクアナウツ
AQUANAUTS

3歳~5歳

お絵かき、寄港地のお話、実験、読書の時間、カリブの海賊ナイトなど。 船の運航 中は、朝9時~12時(正午)、2時(昼)~5時、7時~10時(夜)まで。 停泊中は、オプショナルツアーが始まる30分前から午後5時までと、午後7時~10時まで。 (コースによって変わる可能性もございます。) ト イレトレーニングが終了していないと参加できません。

リミックス
Remix

13歳~17歳

スポーツ、デートゲーム、T-シャツペイント、カラオケ、カジノナイト、プレイステーション、DJワークショップ、ヒップホップダンス、ジャグジーパーティ、ピザパーティなど。

エクスプローラー
EXPLORERS

6歳~8歳

絵画、サイエンスプロジェクト、スポーツオリンピック、タレントショーなど。

ボエジャー
VOYAGERS

9歳~11歳

XゲームBOX, カラオケ、アドベンチャーチャレンジ、サイエンスプロジェクト、ビーチリレー 、タグ、ゲーム、水風船など。

ナビゲーター
NAVIGATORS

12歳~14歳

宝探し、アドベンチャースポーツ、ビデオゲームチャレンジなど。

ゲスト
GUESTS

15歳~17歳

ティーンエージャーだけのナイトクラブ、ジャグジーパーティー、テーマ別パーティー、映画鑑 賞など。

 

 

シンフォニー・オブ・ザ・シーズ号

シンフォニー

2018年4月就航/全長362m/全幅65m/230,000トン

史上最大客船オアシスクラスの4隻目。同クラスのコンセプト「洋上に浮かぶ7つの街」を踏襲しつつ、ロボットバーテンダーが軽快にシェイカーを振る「バイオニックバー」、本格的ブロードウェイショーなどの各種エンターテイメント、圧巻のダイビングショーを行う屋外円形劇場「アクアシアター」、3本のウォータースライダー「パーフェクトストーム」、洋上で最も高さのあるスライダー「アルティメットアビス」など人気のアトラクションをお楽しみ頂けます。

 

 

クァンタム・オブ・ザ・シーズ号

クァンタム
 

2014年11月就航 全長 348m 全幅 41m 168.666 トン

ロイヤル・カリビアンならではの斬新なアイデアで『洋上初』の驚きの施設や遊び心が満載のクァンタム・オブ・ザ・シーズ。海上約90mからの絶景が楽しめる宝石型展望カプセル「ノース・スター」やスカイダイビング体験が出来る「リップコード・アイフライ」、洋上最大のスポーツとエンターテイメント屋内施設「シー・プレックス」など子供から大人まで楽しめる最先端施設で新しいワクワク・ドキドキを楽しみましょう!

 

ハーモニー・オブ・ザ・シーズ号

ハーモニー

2016年5月 全長361m 全幅66m 226.963トン

2009年12月就航の注目の22万トンの新造船。中央に緑の公園「セントラル・パーク」、回転木馬のある3世代が楽しめる昔なつかしい遊園地「ボードウォーク」、水がテーマの円形劇場「アクアシアター」など革新的な施設が満載。船内中央にはデザインも一新された「ロイヤル・プロムナード」があります。多彩なエリアを備えた船内はまさに動く街並み。

 

オベーション・オブ・ザ・シーズ号

オベーション

2016年4月就航 全長 348m 全幅 41m 168.666トン


ロイヤル・カリビアンならではの斬新なアイデアで驚きの施設や遊び心が満載のクァンタムクラスの第3隻目。

 

アンセム・オブ・ザ・シーズ号

アンセム

2015年4月就航 全長 348m 全幅 41m 168.666トン

ロイヤル・カリビアンならではの斬新なアイデアで『洋上初』の驚きの施設や遊び心が満載のクァンタムクラスの第2隻目。

 

 

アリュール・オブ・ザ・シーズ号

アリュール

2010年12月就航 全長361m 全幅65m 225.282トン

010年12月就航の史上最大客船22万トンのオアシスクラスの2隻目。中央に緑の公園「セントラルパーク」、回転木馬のある3世代が楽しめる昔なつかしい遊園地「ボード・ウォーク」、水がテーマの円形劇場「アクアシアター」など革新的な施設が満載。トニー賞受賞のミュージカルの上演やドリームワークスのアニメキャラクターによるイベントなど、お客様を楽しませるサービスも満載です。

 

オアシス・オブ・ザ・シーズ号

オアシス

2009年12月就航 全長361m 全幅65m 225.282トン

2009年12月就航の注目の22万トンの新造船。中央に緑の公園「セントラル・パーク」、回転木馬のある3世代が楽しめる昔なつかしい遊園地「ボードウォーク」、水がテーマの円形劇場「アクアシアター」など革新的な施設が満載。船内中央にはデザインも一新された「ロイヤル・プロムナード」があります。多彩なエリアを備えた船内はまさに動く街並み。

 

エンプレス・オブ・ザ・シーズ号

エンプレス

2016年3月就航 全長210m 全幅210m 48.563トン

もともとは「ノルディック・エンプレス」という名前でロイヤルカリビアンが保有していましたが、2008年以降は姉妹会社のプルマントゥール社によって運航されていました。2016年3月以降、再びロイヤル・カリビアンによって「エンプレス・オブ・ザ・シーズ」の名で運航される事となりました。


 

インディペンデンス・オブ・ザ・シー号

インディペンデンス

2008年5月就航 / 全長338M / 全幅 56M / 154,407トン
ウルトラボイジャークラスの中の最新船。フリーダム・オブ・ザ・シーズ号、リバティ・オブ・ザ・シーズ号の姉妹船。一大アミューズメントパークのような船内は、毎日、さまざまなアクティビティに参加して飽きることなく、家族、カップルで楽しめる施設がいっぱい。ショーや、エンターテイメントもブロードウェイに劣らぬプロダクションショーのようです。 ヨーロッパの長期クルーズを運行しています。

 

リバティ・オブ・ザ・シーズ

リバティ

2007年5月就航(2011年1月改装) / 全長338M / 全幅 56M / 154,407トン
16万トンクラスのウルトラボイジャークラス第2弾として造られた船。2011年より、リバティ オブ ザ シーズ号はドリームワークスのキャラクターが船上に登場いたします。記念イベントや写真撮影など、子供に大人気のキャラクターと共に航海をお楽しみいただけます。さらに洋上のウォーターパークや、ファミリーで楽しめるプール、大人専用のソラリウムなど、目的別にそれぞれ楽しめるようにエリアわけがされています。ボクシング、アイススケートリング、ロッククライミングの壁など、船上とは思えないほどのスケールです。4泊、5泊、7泊のヨーロッパのコースを運航しています。

 

フリーダム・オブ・ザ・シーズ

フリーダム

2006年6月就航(2011年3月改装) / 全長338M / 全幅 56M / 154,407トン
2011年より、フリーダム オブ ザ シーズ号はドリームワークスのキャラクターが船上に登場し、さまざまな演出をしてくれるので、家族の方みんなでクルーズをお楽しみいただけます。2006年にこの船が 運航を開始したときは、クルーズ界が驚きに包まれました。それ以前の14万トンのボイジャークラスを一回り大きくし、船上とは思えないスケールの施設を新たに投入して話題になったウルトラボイジャークラスです。毎回ロイヤルカ リビアンクルーズ社の新造船には、期待してしまいます。船体の両側に突き出た総ガラス張りのジャグジー、サーフィンが出来てしまう波のプール、洋上最大の船上ウォーターパーク、大人のリラクゼーションを求めたソラリウム、ボイジャークラスの施設、アイススケートリンクや、ロッククライミングの壁などももちろん楽しめます。夏ごろまで12泊のヨーロッパクルーズを運行し、冬には長期カリブ海クルーズを運行します。

 

ジュエル・オブ・ザ・シーズ号

ジュエル

2004年就航 / 2007年改装 / 全長293M / 全幅 32M / 90,090トン
この船の特徴は、船室の約7割以上が海側に面していること。 そのうち半数以上にはバルコニーが付いています。 船体も大きすぎず快適で、また大型船のアミューズメント施設を持ち合わせる贅沢な船です。 メインダイニング以外に、予約は必要ですがステーキハウスやイタリアンレストランなどもあり、その日の気分で食事を選ぶことが出来るのはうれしいオプションですね。

 

セレナーデ・オブ・ ザ・シーズ号

セレナーデ

2003年就航 / 2007年改装 / 全長293M / 全幅 32M / 90,090トン
この船は、レディアンスクラスの中で一番最後に造船されました。 この船の名前は、なんとアメリカの女優ウッピーゴールドバーグが命名しています。他の船と同様、ロッククライミングの壁、アイススケートリンク、そしてロイヤルプロムナード、ガラス張りのエレベーターもついて、遊び心いっぱいの船です。 カジノエリアには、約190台ものスロットマシーンがあり、エンターテイメントも充実しているので、夜も十分楽しめます。

 

ブリリアンス・オブ ・ザ・シーズ号

ブリリアンス

2002年就航 / 2005年改装 / 全長293M / 全幅 32M / 90,090トン
ボイジャークラスの船内施設の特徴を持ち合わせつつ、新たな施設をそろえている船です。 ロッククライミング、アイススケートリンク、ロイヤルプロムナードなどボイジャークラスの定番に併せて、新たに180度パノラマが楽しめる海側向きのエレベーター があります。 エレベーターホールのセントラムは、9層吹き抜けになっていて、船の大きさを実感します。 またアフリカの雰囲気いっぱいのエキゾチックな室内プールのソラリアムがあり、プールサイドでゆっくりくつろぐのも楽しみ方の一つですね。

 

レディアンス・オ ブ・ザ・シーズ号

レディアンス

2001年就航 / 2011年夏改装 / 全長292M / 全幅 32M / 90,090トン
ボイジャークラスの後に造られたレディアンスクラス。同型船を4隻所有しています。 ボイジャークラスよりも小さいのですが、パナマ運河を通過できる船の中では最大級の大きさです。 このレディアンスクラスから、これまでのディーゼル・エンジンに変わり、環境にやさしいガスタービンシステムを取り入れています。 船の見た目はとても流船的で、船内のモチーフもとてもモダンに出来ています。

 

マリナー・オブ・ザ・シーズ号

マリナー

2003年就航 / 2007年改装 / 全長311M / 全幅 48M / 138,279トン
ロイヤルカリビアンクル ーズは、ボイジャークラスの船を5隻所有しています。 ボイジャークラスのシリーズの中で最後に造られた船。マリナー・オブ・ザ・シーズ号と、ナビゲーター・オブ・ザ・シーズ号には、ビュッフェでアジアンコーナーがあり好評です。

 

ナビゲーター・ オブ・ザ・シーズ号

ナビゲーター

2002年就航 / 2005年改装 / 全長311M / 全幅 48M / 138,279トン
ボイジャークラスの中で、夏はヨーロッパ、冬はカリブ海のショートクルーズ4泊、5泊を運行しています。 日程に限りがあるが、船も、カリブの寄港地も満喫したい人にはお勧めの船とコースです。家族5人が利用できる船室もあり、また船の船室は約半数以上が海側に面している。 家族で楽しめるクルーズとして人気があります。

 

アドベンチ ャー・オブ・ザ・シーズ号

アドベンチャー

2001年就航 / 2004年改装 / 全長311M / 全幅 48M / 137,276トン
アイススケートリンク、4層吹き抜けのロイヤルプロムナード、ロッククライミングの壁など、ボイジャークラスの定番アトラクションの他、 アメリカンハンバーガーで人気の「ジョニーロケッツ」があります。 このハンバーガーレストランでは、50年代のレトロな雰囲気のアメリカを楽しむことが出来ます。

 

エクスプローラー・オブ・ザ・シーズ号

エクスプローラー

2000年就航 / 2005年改装 / 全長311M / 全幅 48M / 137,276トン
ニュージャージーのケープリバティ港を母港とし、9泊、11泊のカリビアンクルーズを運行しています。 ボイジャークラスの定番施設の他、なかでも海上60メートルまで上るロッククライミングの壁は人気のアトラクションです。 デッキには、バスケットボールや、テニスが出来るコートや、9ホールのミニチュアゴルフコースなどもあり、移動の日でも終日飽きることがありません。この船は、マイアミ大学の海洋研究室や、海洋学、大気科学研究室などを備えているとてもハイテクな船です。

 

ボイジャー・オブ・ ザ・シーズ号

ボイジャー

1999年就航 / 2004年改装 / 全長311M / 全幅 48M / 137,276トン
1999年11月にデビ ューしたボイジャー・オブ・ザ・シーズ号。 当時は世界最大船として話題を呼びました。 同じ同型船を5隻所有しています。 クイーンエリザベス2世号の2倍の大きさで施設、規模、すべてにおいてクルーズ業界を驚かせました。 ロッククライミングの壁、ブティック、カフェ、バーなどが立ち並ぶロイヤルプロムナードは、24時間オープン。 そして船内には、船上初のアイススケートリンクが登場。 まさしく動くアミューズメントパークと化した船です。 船の大きさだけでなく、その遊び心のスケールの大きさに圧倒です。

 

ビジョン・オブ・ザ・シーズ号

ビジョン

1998年就航 / 2006年改装 / 全長279M / 全幅 32M / 74,000トン
ビジョンクラスで最後 に造られた船です。 ビジョンクラスは全部で6隻造船されました。2隻ごとに姉妹船を造船し、ビジョン・オブ・ザ・シーズ号は、ラプショティ・オブ・ザ・シーズ号と同じ造りで、流線的なボディは大きさを誇る他の船と比べて、細く美しく映ります。スパ、二つのプール、6つのジャグジーとリラックスできる施設は充実。

 

エンチャントメント・オブ・ザ・シーズ号

エンチャントメント

1997年就航 / 2005年改装 / 全長279M / 全幅 32M / 82,910トン
典型的な緑の窓、そして流れるような船体をしています。 ラウンジ、バー、カジノ、スパ、フィットネスセンターなど快適に過ごせる施設がそろっています。 この船のデッキの上には、船上初のバンジートランプリンがあります。 船の上から、またさらに飛び上がれば、海上での眺めは格別でしょう。 2005年に大改造を行い、約150室以上の客室が増設されました。 エンターテイメントとして、ショーラウンジも二つあり、ブロードウェイタイプのショーか、こじんまりとした大人のショーか気分に合わせて楽しめます。

 

ラプソティ・オブ・ザ・ シーズ号

ラプソティ

1997年就航 / 2007年改装 / 全長279M / 全幅 32M / 78,491トン
長い間カリブ海を運航していましたが、欧米スタイルの本格的なクルーズとしてアジア諸国をまわり、2008年に日本に帰港し日本人の間でも馴染みの船となりました。中型船の為、乗客の規模もあまり多くなく乗り降りなども便利な為、とても使いやすい手ごろな船になっています。

 

グランジャー・ オブ・ザ・シーズ号

グランジャー

1996年就航 / 2007年改装 / 全長279M / 全幅 32M / 73,817トン
船内の雰囲気は、英国的でとてもシックな内装になっています。 2007年に改装され、他のロイヤルカリビアンクルーズとは雰囲気が異なります。芸術的な調度品などが揃えてあり、100席以上のテーブル席があるレインラウンジは、海に面してガラ ス張りになっており海を一望しながらくつろげる絶好のスポットです。1920年代のケアフリースタイルと、エレガンスな船内は、家族でのクルーズを主体としているロイヤルカリビアンクルーズの中では独特です。

 

 

 

マジェスティ・オブ ・ザ・シーズ号

マジェスティ

1992年4月就航 / 2007年改装 / 全長268M / 全幅 32M / 74,007トン
2007年に改造され,新造船にはお馴染みとなった、ハンバーガーショップや、ビザレストランなどが追加されました。 またスパの施設も充実し、明るいセントラムや、展望ラウンジなど、新造船と変わらぬ人気施設となっています。マイアミ発の気軽に行 けるショートクルーズを運行し、初心者にもお勧めのコースです。