ジャパンレールパスは、日本を海外から観光目的で訪問する旅行者のご利用が限定され、下記のご利用資格満たした旅行者に利用資格があります。
■日本以外の国のパスポートのみで入国される方は、下記の「短期滞在」のスタンプまたはシールの捺されたパスポートの提示が必要です。
* 「短期滞在」入国資格スタンプ /シール見本
パスポートにこのスタンプ/シールを受けた方だけが使用することができます。

Temporary Visitor stamp

平成29年6月1日以降の引換証発売からの新たなご利用資格

■ 日本国の旅券及び「在留期間が連続して10年以上であることを確認できる書類で、在外公館で取得したもの等」を有する方

※ 日本国外での引換証のお買い求め及び日本国内でのパスへの引換の際に、旅券及び確認書類の提示が必要です。

※ 旅券のコピーでは、引換証のお買い求め及びパスへの引換はできません。

※ 下記いずれか1つの確認書類で連続して10年以上の在留期間が確認できない場合は、引換証のお買い求め及びパスへの引換はできません。

 

在外公館が交付する在留届の写し(バウチャーご購入前に取得が必要で、取得から6ヶ月以内にJRパス使用開始が必要です)

在留届の提出⽇が10年以上前のもの。⼀通の「在留届の写し」に置いて、同居家族の⽅の在留期間が連続して10年以上であることが確認できれば、同居家族の⽅についても有効となります。在留期間が10年に満たない⼩児(12歳未満)の⽅は、⼀通の在留届の写しにおいて「在留期間が連続して10年以上である⽅」と同居していることが確認でき、かつその⽅と⼀緒にジャパン・レールパスを利⽤する場合にはご利⽤資格を満たします。⼩児(12歳未満)の⽅単独の「在留届の写し」の場合は、在留期間が10年に満たない場合はご利⽤資格を満たしません。 ⇒ 詳しく見る

在外公館が発行する在留証明書(バウチャーご購入前に取得が必要で、取得から6ヶ月以内にJRパス使用開始が必要です)

証明における住所(居所)を定めた年⽉⽇が10年以上前であること。⼀通の証明で当該国に連続して10年以上居住していることが証明されていない場合はJRパスへの引換は出来ません。在留証明では在留期間が10年に満たない⼩児(12歳未満)の⽅を含む同居家族の利⽤資格の確認はされませんので、個別に在留証明を取得下さい。 ⇒ 詳しく見る

 

③ アメリカ、カナダ、ブラジルの三カ国の何れかの国が発⾏する永住カード(グリーンカード)

10年以上在留していることが記載されたものに限る。⽶国グリーンカードで「Permanent Resident Card」と記載の無いもの(1989年までに発⾏されたもの)は在留開始年⽉の記載が無く、①か②の何れかの書類が必要となります。旅券に記載の名前と永住カードに記載の名前が⼀致しない場合にも、①か②の何れかの書類が必要となります。⽇本のパスポートに括弧書きで記載されている名前が永住カード上の苗字になっている場合や、パスポート上の苗字が永住カード上でミドルネームとして記載されている場合などは⼀致していないものとみなされます。完全に⼀致していない場合には担当スタッフにご確認下さい。 ⇒ 詳しく見る

 

■ 二重国籍の方 (お子様を含む) 
・在留届の提出⽇が10年以上前のもの。⼀通の「在留届の写し」に置いて、同居家族の⽅の在留期間が連続して10年以上であることが確認できれば、同居家族の⽅についても有効となります。在留期間が10年に満たない⼩児(12歳未満)の⽅は、⼀通の在留届の写しにおいて「在留期間が連続して10年以上である⽅」と同居していることが確認でき、かつその⽅と⼀緒にジャパン・レールパスを利⽤する場合にはご利⽤資格を満たします。⼩児(12歳未満)の⽅単独の「在留届の写し」の場合は、在留期間が10年に満たない場合はご利⽤資格を満たしません。

 

ご注意: お客様が引換証をお持ちになって訪日されても、「短期滞在」の入国資格が無いと、JR パスと交換はできません。したがって、研修・興行・再入国・軍人(退役を含む)などの資格で入国された場合は、JR パスに引き換えることはできません。日本の入国管理法における短期滞在の概念は、一般的な意味での短期滞在とは異なることをご了承ください。

▼▼▼ その他の注意事項、ご利⽤時の規則 ▼▼▼

1. 引換証を購入した日から3ヵ月以内にジャパン・レール・パスとお引き換ください。それを越えますと引き換えは不可となります。ご利用開始日は、引き換え日から30日以内の日をご指定できます。例:引換証発行日が4月15日の場合、7月14日まで引き換え可能

2. 旅行センターによっては年末年始の期間休業するところがあります。引換所と取り扱い時間は予告無しに変更、もしくは廃止される
場合があります。最新情報はジャパン・レール・パスのホームページをご確認ください。

3. 引き換え前のバウチャーは、発行日から1年以内であれば、弊社にバウチャーをお返しして頂いた時点で払い戻しが可能です。その際に、10%のキャンセル料が差し引かれます。但し、バウチャーを弊社まで発送時、もしくはそれまでに紛失・盗難・汚損された場合は払い戻しはできません。バウチャーの紛失・盗難・汚損等に関しましては、弊社では一切の責任を負いかねます。

4. バウチャーは交付されたご本人様のみがご利用でき、他の誰にも譲渡・貸与することはできません。

5. ジャパン・レールパスの利用開始時には、係員のいる通路をお通り下さい。改札口では係員から係員押印欄(入鋏印欄)に押印を受けて下さい。また、改札口を通る時は係員に有効期間が分かるようにジャパン・レールパスを提示して下さい。

6. 使用中は、必ず旅券を携帯し、係員の請求がある時は呈示して下さい。

7. 東海道・山陽・九州新幹線の「のぞみ号」「みずほ号」は、自由席・指定席ともに、ジャパン・レール・パスでは利用できません。
「ひかり号」「さくら号」「こだま号」「つばめ号」をご利用ください。「のぞみ号」「みずほ号」を利用する場合は、運賃および特急料金(グリーン車を利用する場合は加えてグリーン料金)を別途支払わなければなりません。

8. 東北新幹線・北海道新幹線、および北陸新幹線のグランクラスを利用する場合は、別途「特急料金」、「グランクラス料金」を支払
わなければなりません。

9. JR線、JR西日本宮島フェリー、JRバス(高速バス路線など一部路線除く)及び東京モノレール以外の会社線を経由する列車に乗車する場合は、その会社線区間の運賃・料金が必要です。ただし、以下の区間を途中下車せず通過してご利用の場合、追加の運賃・料金は不要です。

(1)青い森鉄道線の八戸~青森間、青森~野辺地間及び八戸~野辺地間(普通列車での利用に限る)

(2)IRいしかわ鉄道線の金沢~津幡間(同区間を越えて会社線に乗車する場合を除く)

(3)あいの風とやま鉄道線の富山~高岡間(普通列車での利用に限る)(同区間を越えて会社線に乗車する場合を除く)

*「あいの風ライナー」をご利用になる場合は、別にライナー券が必要です。

10. 普通車用またはグリーン車用ジャパン・レール・パスをお持ちの方が乗車整理券・ライナー券を必要とする列車を利用する場合は、当該料金をお支払いください。

11. 普通車用またはグリーン車用ジャパン・レール・パスをお持ちの方が新幹線・特別急行列車の個室を利用される場合は、普通個室に
ついては特別急行料金を、グリーン個室については個室用のグリーン料金のほか特別急行料金をお支払いください。なお、寝台、DXグリーンを利用される場合は、寝台料金、DXグリーンに適用するグリーン料金のほか特別急行料金又は普通急行料金をお支払いください。「サンライズ出雲・瀬戸」の”ノビノビ座席”は『普通車指定席』であるため、追加料金は不要です。

12. 普通車用でグリーン車を利用する場合は、グリーン料金のほか特別急行料金又は普通急行料金が必要です。

13. グリーン車用ジャパン・レール・パスをお持ちの方が普通車指定席または自由席を利用する場合でも、旅客運賃・料金の払い戻しはございません。

14. 乗車中に日付が変わり、有効期間終了日の翌日にまたがる場合、運賃は最初の改札口を出るところまで有効で料金は有効期間終了日
から乗車している列車を降りるところまで有効です。

15. 使用開始後は列車の運行中止、遅延その他の理由でジャパン・レール・パスの有効期間の延長や払いもどしはいたしません。また、行程変更に伴う交通費、宿泊代等の追加費用の負担もいたしません。

16. ジャパン・レール・パスを使用される場合は、以上の条件によるほか、旅客鉄道会社の規定及び旅客運送約款並びに日本国の法律によります。

 

上記注意事項、利用時の規則は予告なしに変更となる場合が御座います。ご利用前にジャパン・レール・パスのホームページにて最新情報をご確認下さい。

ご利用資格を満たさない為、引き換えができない場合における日本国滞在中のJR線のご利用に関する保証はIACEトラベルとして一切致しかねます。引き換えができなかった引換証につきましては、発行日から1年以内に払い戻しが可能です。その他、ご不明点などございましたら、弊社までお問い合わせください。