クルーズFAQ

Q. クルーズと他の旅行の違いは?

A. クルーズには、宿泊費、船内での食事代、エンターテイメント、アクティビティー代が費用に含まれています。部屋ごと移動しながら次の目的地に移動して観光が出来ますので時間の短縮や面倒な手続きがなくなります。

Back To Top

Q. どのクルーズ会社を選べばいいのか?

A. クルーズは大きく分けて、カジュアル、プレミアム、ラグジュアリーに分かれます。ファミリー向けのクルーズ会社、食事やサービスに力を入れている会社、各クルーズ会社それぞれ個性のある船やプログラムをご用意しています。ドレスコードありなし、船の大きさなど、ご希望をお知らせ下さい。数あるクルーズ会社の中からお勧めをご紹介致します。

 

 

Back To Top

Q. お勧めのクルーズは?シーズンはありますか?

A. クルーズが始めての方は、バハマ3 ~4泊、西カリブ4~5泊がお勧めです。シーズンは目的地により違いますが、春はパナマ・ハワイクルーズ、夏はアラスカクルーズ、ヨーロッパクルーズ、秋はカナダクルーズ、冬、年間を通してカリブ海クルーズがお勧めです。

Back To Top

Q. クルーズ料金に含まれている・いないものは?

A. クルーズ代金に含まれているサービスは、宿泊、お食事、エンターテイメント、施設使用料等です。含まれて以内サービスは、 諸税、アルコールなどを含む飲料代、カジノや船内のお買い物、寄港地でのオプショナルツアー、乗務員へのチップ、港までの交通費、旅行保険などです。

Back To Top

Q. 客室の違いは?

A. 客室は多彩なカテゴリーからご予算やクルーズスタイルに合わせてお選び頂けます。カテゴリーの違いは、客室の広さ、設備、デッキの階数や位置の違いです。パブリックスペースは、全てのカテゴリー共通でご利用いただけます。(一部スイートルームのみという設備もございます。)基本的には、内側、海側、バルコニー付き、スイートの順に料金が上がります。旅のスタイルに合わせて選びましょう。

Back To Top

Q. お子様のための設備は?

A. 子供用のプールから、お子様用のプログラム、ベビーシッターなどご用意しております。各クルーズラインにより条件が異なりますので詳しくはお尋ね下さい。

Back To Top

Q. インターネットは利用できますか。

A. インターネットは利用できますが、すべて有料となります。どのクルーズラインもインターネットカフェがございます。日本語は読める環境でも、書くことが出来ない事もございます。インターネットカフェや一部のラウンジは、WiFi もございますので、タブレット、スマートフォン、ラプトップなどもご持参頂けます。料金は、クルーズ会社により異なりますが、平均1分75セントです。100分単位などのパッケージもございます。

Back To Top

Q. 記念日にはなにかありますか?

A. はい、ご予約時にお伝え下さい。クルーズ会社によって異なりますが、誕生日、記念日、ハネムーン等の場合は、ダイニングルームにて、歌やデザートなどでお祝いがあります。また、お誕生日パッケージ、バウリニューアルパッケージ、ロマンティックパッケージなどの有料サービスもございます。

Back To Top

Q. 持ち物は?

A. 通常の旅行用品の他に水着、運動靴、帽子、サングラス、日焼け止めクリーム、歯ブラシ、虫除け薬のご持参をお勧め致します。また、乗船、下船時にスーツケースを一旦預けますので、貴重品、お土産、洗面具、水着、常備薬など手荷物用のバックもご用意下さい。

あると便利な物は、ウィンドブレーカーなど濡れてもすぐに乾く素材の上着、ビーチ用のバック、水ボトルやタンブラー等です。小さなお子様がいらっしゃる場合、ミルク、オムツ等お子様に必要なものはご持参下さい。

Back To Top

Q. 服装は?

A. 日中はカジュアルな服装でおくつろぎ下さい。冷房が効いている場合もございますので、上着などあると便利です。またショートクルーズでも少なくとも1回はフォーマルディナーがあります。夕食時のドレスコードは、大きく3つ-カジュアル、セミフォーマル、フォーマル-に分けられます。船内新聞にドレスコードが指定されています。カジュアルは、Tシャツ、スラックス、スカートなどです。水着ではレストランには入れません。 セミフォーマルですが、男性はシャツに、ネクタイ、ジャケットなど、次女性はワンピース、カクテルドレスなど。フォーマルの場合、男性はダークスーツにネクタイ、タキシード、ディナージャケット、女性はドレスなどが基本です。ただし、クルーズ書類に同じフォーマルと記載をされていても、客船、クルーズ期間、コースによっては、ラフな格好でも構わなくなっています。

Back To Top

Q. クルーズドキュメントとは?

A. ご出発の3週間前頃ご指定のご住所にお送り致します。お客様のクルーズに関する書類となりますので当日忘れずにお持ち下さい。クルーズ会社により中身は違いますが、乗船客インフォメーション、クルーズ約款、荷物タッグ、緊急連絡先など提出する書類から、オプショナルツアーの内容などです。

Back To Top

Q. ビザは必要ですか?

A. 日本国籍の方は、ご旅行終了日より6ヶ月以上残存期限があるパスポートをご用意下さい。またアメリカにお住いの方は、アメリカに再入国できる書類(グリーンカード、就労ビザ等)が必要です。寄港地によってはビザが必要な国もございます。詳しくはお尋ね下さい。

Back To Top

Q. 当日の交通手段、前泊は?

A. 航空券の手配もお任せください。到着時間は出航時刻によって違いますが、正午ごろ目安にご到着下さい。乗船手続きは遅くても出航1時間前にお済ませ下さい。詳しい時間はお渡しする書類に記載されています。クルーズ会社の送迎パッケージの場合は、バゲージクレームにて、各空港係員が待機しております。

お車で港まで行かれる方は、駐車場の予約は必要ありません。お車・飛行機の場合でも、現地には余裕を持って到着する事をお勧めします。特に時差や、長旅などでお疲れの場合、船酔い、体調不良等の原因にもなりますので、前泊をお勧め致します。

Back To Top

Q. クルーズカードとは?

A. 船内の身分証明書、ルームキー、クレジットカード機能となります。紛失した場合は、フロントで再発行していただけます。船内では、現金のやり取りがなく、すべてクルーズカードで清算します。お買い物、スパ、などはこのカードを使ってお支払いいただけます。乗船した際に、クレジットカードを登録します。現金にて支払希望の方は、デポジットが必要です。

Back To Top

Q. 乗船手続きは?

A. ターミナルに到着後、タグの付いたお荷物をポーターに預けます。チップは1つに付き1ドルお渡し下さい。この荷物は乗船後、部屋に届きますので、すぐに必要なものは預けない方が便利です。必要な書類をチェックインカウンターに提出します。クルーズカードを作る為にクレジットカードを登録し、内容を確認し、サインをして下さい。後は乗船するだけです。

Back To Top

Q. 船室には何が用意されていますか?

A. クルーズ会社やカテゴリーによって違いますが、基本的には、クィーンサイズのベッドが1つ又は2ツインベット、ソファー、テレビ、クローゼット、ミニバー、トイレ、バスなどです。スイートルームを除き、多くのクルーズラインはシャワーのみとなります。石鹸、シャンプー、ドライヤーなどはご用意しておりますが、歯ブラシ、寝具はお持ち下さい。

また、電子レンジはございません。

Back To Top

Q. タバコは吸えますか?

A. 船室内は禁煙となります。公共の施設は禁煙・喫煙と分かれております。また葉巻・パイプはシガールームにてお楽しみ下さい。

Back To Top

Q. アルコールは持ち込めますか?

A. 多くのクルーズ会社は、船内へアルコールの持ち込みは禁止されておりますが、クルーズ会社によっては許可されるところや、乗船日のみ、ワインや、シャンパンなどは持ちめるクルーズラインもございます。

Back To Top

Q. 電圧は?

A. キャビン電源は交流100ボルト(日本と同じA型)及び、220ボルトの2股または3股のプラブです。日本製の電圧の低い電化製品は短時間であれば使用可能ですが、安全の為、変圧器をお持ちになることをお勧め致します。

Back To Top

Q. 夕食の時間は選べますか?

A. ご予約の際にお決め下さい。基本的に、早いもの順で1回目は6時前後、2回目は午後8時前後です。お子様がいらっしゃる場合、早い時間がお勧めですが、寄港地の出発時間、着替えの時間も考慮するなど、お客様のスタイルに合わせてみるのが一番です。クルーズ会社によっては、時間制、フォーマルを廃止し、好きなときに好きな場所で楽しめるシステムを導入しています。

Back To Top

Q. 夕食のシステムは?

A. 多くのクルーズは、二回制の場合が多いです。メインダイニングが午後6時ごろ、セカンドダイニングが午後8時半ごろです。ご予約の際にどちらかお知らせ下さい。また、指定のメインレストラン以外にサブレストランをご用意している船がほとんどです。(有料の場合あり) また最近は、お好きな時間に、お好きなレストランでお食事をするシステムを導入しているクルーズ船もございます。 24時間営業しているバフェやルームサービスなどご利用できる船もございます。

Back To Top

Q. 船は揺れますか?

A. フィンスタビライザーと呼ばれる横揺れ防止システムしています。特にカリブ海域は通常穏やかな海で知られています。御心配な方は酔い止めの薬をご用意下さい。また、寝不足、暴飲暴食、疲れなどが船酔いの原因になります。クルーズ前日は、現地に入り、時差や体調を整えてから、乗船する事をお勧め致します。

Back To Top

Q. 避難訓練は参加するのですか?

A. どの船も乗船後、避難訓練に参加することが義務付けられています。船内アナウンス後、係員の指示に従い、指定の場所にご集合下さい。必ず避難訓練の前に、船室の救命胴衣のサイズを確認し、小さいサイズ、大きいサイズが必要な場合は、クルーにお尋ね下さい。避難訓練に参加しない場合、キャプテンの指示により、乗船拒否となる可能性もございます。

Back To Top

Q. 現金は必要ですか?

A. アルコール、船内でのお買い物、エステなどのお支払いは、クルーズカードで精算できます。だだし、カジノは現金となります。ATMやクレジットカードにて現金を引き出すことが出来ます。また寄港地のお土産屋、タクシーなど、クレジットカードが使えない場合もございます。最終夜に明細書が船室に届きますので、それをもとに登録したクレジットカードにて自動精算されます。 覚えのない請求がございましたら、フロントデスクにお立ち寄り下さい。

Back To Top

Q. 船内の情報はどこで聞けばいいの?

A. ゲストサービスやフロントデスクがあり、24時間スタッフが待機していますので、いつでもお立ち寄り下さい。また、船内新聞と呼ばれる1日の日程表が記載されている新聞が、船室に毎晩届けられます。翌朝の日の出時間から、レストラン、ショーの時間まで、記載されいています。

Back To Top

Q. チップはどうすれば良いのでしょうか?

A. チップは原則としてお客様のお気持ちとして渡すものですが、クルーズの場合、目安として、一人一日12ドルといわれています。各クルーズによって違いますので、渡し方やチップ内容はお渡しするクルーズのドキュメントに記載されています。 カーニバル、プリンセス、ノルウェージャンクルーズ、ロイヤルカリビアン、セレブリティー、ディズニークルーズなどは、自動的にチップが請求されます。スパ、美容室、オプショナルツアーのガイドなどは、自動的に徴収されないのでチップが別途必要です。アルコールなどの飲料に関しては、一律15%をサービス料金として自動的に請求されますのでレシートを確認してからサインしてください。

 

Back To Top

Q. 貴重品の保管はどうすればいいですか?

A. 船室にある金庫に入れて下さい。金庫がない船室はフロントなどにある貸し金庫に預けられます。外出の際は、貴重品は常に、金庫に保管する事をお勧めします。

Back To Top

Q. 船内で病気になったら?

A. どの船も医務室が用意され、医者、看護婦等が乗船しております。24時間対応していますが、有料となります。お持ちの健康保険が海外でも利用できるかどうか確認する事、また海外旅行保険に加入されることをお勧め致します。IACE TRAVEL では、TRAVELEX INSURANCE をお勧めしております。詳細はコチラから確認下さい。

Back To Top

Q. 船から連絡することは出来ますか?

A. 携帯電話をご利用いただけますが、国際ローミングとなります。通話料などに関しては契約携帯会社にご確認下さい。また、船室には電話があり、衛星電話をご利用頂けます。1分約8~10ドルです。またFAX、電子メールにて送受信も可能です。

Back To Top

Q. 船内はどんなことが出来ますか?

A. クルーズ会社により異なりますが、プール、ジャグジー、カジノ、映画、ミュージカルのショー、お子様向け、ファミリーで参加できるプログラムから、パソコン教室、ダンス教室、料理教室、ワインテースティングなどの大人向けの講座もあります。船内新聞に詳しく記載されていますので、乗船後、確認下さい。

Back To Top

Q. 寄港地での乗船、下船は?

A. 乗船、下船の際はクルーズカードを必ずお持ちください。出航地で乗船する際に、写真を撮ります。乗船、下船の際は、クルーズカードを機械に通し、写真と照らし合わせます。

Back To Top