クリスタルクルーズ

高級客船で「クリスタルシンフォニー」と「クリスタ ルセレニティー」の2隻が運行している。 ラグジュアリー船=小型船という認識が高かった中で、5万トンクラス、960人乗りという世界が驚く中型客船「クリスタルシンフォニー」 を1990年に就航させ、中型船でもラグジュアリークラスの質とサービスができることを証明し話題を呼んだ。
メインダイニング以外でサブレストランを取り入れたのはクリスタルクルーズが最初。今でこそ多くのクルーズ会社が取り入れているが、1990年当時はとてもユニークな発想だった。そして2003年には世界最大級ラグジュアリー船、約7万トンの「クリスタルセレニティ」を就航させた。クリスタルクルーズのコンセプトはアメリカ市場で大きく受け入れられ、非常に高い評価を得ている。 船内は日本を感じさせる落ち着いた和のモチーフがいたるところにみられ、日本人スタッフも常駐しており、船内新聞やレストランのメニューも日本語でご用意。 また、メインダイニングでは朝食に日本食のチョイスもあるのがうれしい。

 

メインダイニング以外では、アメリカやヨーロッパなどでオリジナル和食レストラン「NOBU」を展開しているノブ松久氏が直接指導するレストラン&寿司バー ” SilkRoad ” がある。スペシャリティーレストランでの食事も一切追加料金は必要なく、大変人気があるので早めの予約をおすすめ。 ただしSilk Road の寿司バーは予約なしでも入れる。レートダイニングを予約しているなら、ここでお酒にお造りや、寿司など前菜を頂いてから、フルコースのダイニングに行くのも良い。スペシャリティーレストランにはイタリアンレストランの”Prego” があり、こちらも無料で本格イタリアンが楽しめる。 さらには”The Vintage Room”も機会があったら試したい夕食の一つだ。 一晩の予約は12人のみ、貸切の場合は最高14名までを受け付けている。 ワイ ンのプライベートリザーブや、シシリー、ボルドーなどから取り寄せた世界のビンテージワインをソムリエと一緒に選び、ワインに合わせて総料理長がオリジ ナルの夕食をつくる。ワインの料金のみ別途支払い。アニバーサリーやウエディングでの利用もできる。 メインダイニングでは座席指定の午後6時15分から(メイン)、午後8時30分から(レイト)に加え、新たに「オープンダイニング」が登場。オープンダイニングは毎日、午後6時15分~午後9時15分までの好きな時間に食事を楽しむことができる。しかし、すべて予約制となるため、オンラインで事前予約をするか、船内にてメートルディーまたは船内電話(オペレーター)で予約を入れることができる。

 

【その他 お知らせ】

クリスタル・クルーズは、新しく立ち上げる新ブランド「クリスタル・リバー・クルーズ」の詳細を発表した。2017年3月末にヨーロッパで新造船2隻が就航する。同船はドイツのロイド・ベルフト造船で建造。船体はヨットのようなデザインで、広々とした施設と高いスペースレシオ(乗客一人当たりのスペース比率)を誇る。全70室がスイートで、23平方メートルの広さにウオークイン・クローゼット、キングサイズのベッド、ダブルシンクのバスルームを備える。ペントハウス・スイート客室は46平方メートルで各船に2部屋のみ。パブリック・スペースを広くとり、ダンス・フロアのあるガラス・ドーム屋根の「パーム・コート」を設置する。

クリスタル・リバー・クルーズは、フランスやドイツ、スイスなどの景観の美しい川を航行。各港での他船との混雑を避けるため、一般的なリバー・クルーズとは違ったコースを提供する。いくつかの寄港地では停泊し、ミシュラン・ガイドで星を獲得したレストランでの食事や特別イベントなど、ナイトライフを楽しめるアイテナリーになる。さらに前・後泊にホテルに滞在しなくてすむように、発着地での停泊時間を最大限に設定する予定。

寄港地では、同社が新しく立ち上げる寄港地プログラム「アクティブ・エクスプロレーション・アドベンチャー」を開始。地域に密着したアクティビティーを望む乗客に向けて、寄港地を探検する活動的な無料のエクスカーションを提供する。単独で自転車などで出かけることも可能。ヨットでより閑静な地域をめぐることもできる。

クリスタル・リバー・クルーズの予約は、2015年12月1日(火)に開始予定。
(2015年8月13日 出所:webクルーズ)

 

【クリスタルセレニティ】
・2003年就航
・68,870トン
・全長250M
・全幅32.3M
・全室外側窓付き客室, そのうち8割以上にプライベートバルコニーが付く。

15年連続World’s Best Large-Ship Cruise Lineに選ばれ、サービスではアメリカで「最高級」の格付けがされている。船内は、ゆったりとした空間で、先頭にあるパームコートはさんさんと太陽の光が降り注ぎ、ゆっくりと時が流れる。プールサイドのカジュアルレストラン”テイスト”では、焼そばやチャーハンなどの中華風料理や、ビザ、スパゲティなどの カジュアルな食事が楽しめる。海側窓付き部屋は大きなピクチャー窓がついており、明るく圧迫感を感じさせない造り。また、船内に4部屋あるクリスタルペントハウススイートはバルコニーを含め1,345sq.ft.の広さを誇る。全部屋に冷蔵庫がついており、ソフトドリンクやミネラルウォーターも無料で用意されている。1周することができるプロムナードデッキはチーク材のウッドデッキで散歩やジョギング、景色も楽しもう。最上階にはスパやジムをはじめ、パドルテニスの楽しめる、その名もウィンプルドンコートがある。セルフランドリーも各客室デッキにあり、便利。

【クリスタルシンフォニー】
・1995年就航・2006年/2009年改装
・51,044トン
・全長238.1M
・全幅30.2M 欧米で、5万トンクラスでは最も高い評価を得ている客船。

1欧米で、5万トンクラスでは最も高い評価を得ている客船。 ク リスタルクルーズ第2船として1995年に建造された。シンフォニー号は、2006年11月に2300万ドルをかけて改装。クリスタルクルーズ史上最高額を投入して改装し、スターライトクラブ、クリスタルカジノ、客室、ビストロ、ブティック、ナイトクラブが新しく生まれ変わっている。 さらに2009年11月に大規模な改装が行われ、2006年の改装とあわせると全ての客室が改装されたことになる。また、船内の調度品も一新され、フラットパネルTVなど最新のAV機器も配備された。リドカフェにはアイランド型のデザートステーションが新設されている。

リニューアルされた船内に2部屋あるクリスタルペントハウススイートはバルコニーを含め982sq.ft.。ブルーレイDVDプレーヤーやBOSEのサウンドシステムも完備。すべての客室にはダブルシルクのシーツに枕の堅さや大きさが選べる枕メニューがある。また、客室のアメニティーはAVEDAを使用している。全部屋に冷蔵庫がついており、ソフトドリンクやミネラルウォーターも無料で用意されている。

前のページに戻る